スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンタッチダイヤルアプリ:クイックコールLite

Ver 1.5.0をリリースしました。
電話番号を64人分(4人分×16分類)登録できるようにしました。

画面1 画面2

画面内に4つの分類ボタンが表示されます。
他の分類を表示させるには、

 1.分類切替ボタン(水色のボタン)を押して分類選択ダイアログを表示させます。
 2.選択中の分類ボタン(>、<、>>、<<)を押して、次・前・末尾・先頭の分類を表示させます。

の2通りの方法があります。

クイックコールLite … Android Marketでの掲載ページ

短縮ダイヤル(スマートフォンではワンタッチダイヤル?)の設定方法

スマートフォン(アンドロイド携帯)では、「直接発信のショートカット作成」により短縮ダイヤル(ワンタッチダイヤル)と同等の機能を実現することができます。以下にその設定方法を説明します。

1.ホーム画面を長押しして、「ホーム画面に追加」メニューから「ショートカット」を選択します。
2.「ショートカットを選択」メニューから「直接発信」を選択します。
3.「発信する番号の選択」画面から対象の電話番号を選択します。
4.ホーム画面にスペースがあれば、いくつでもショートカットを追加できます。
 1.png 2.png 3.png 5.png
※これは、MEDIAS N-04C(Android2.2)での設定例です。

これでよくかける電話番号への簡単発信が可能になります。

以下は、自作アプリの宣伝です。
「クイックコールLite」という簡単電話アプリを紹介します。
直接発信ショートカットに比較して良さそうな点をあげます。

・大きな文字で見やすく、大きなボタンで押し間違いがありません。
 なので、片手(親指)で操作できます。
・発信確認ができます。発信確認の有無を設定することができます。
・メール、SMSで定型文を送信することができます。
 20121107_1.png
 20121107_2.png
 20121107_3.png

クイックコールLite … Android Marketでの掲載ページ


各画面解像度でレイアウト調整

以下、左から、480x854、480x800、320x480、240x320の画面コピーです。
480x854 480x800 320x480 240x320

480x854の解像度については実機(MEDIAS N-04C)で確認しています。
その他はエミュレーターによる確認です。
IS03やSH-12Cなど、ちょっと変則的な解像度については確認ができていません。
表示または動作の不良等ありましたら、
コメントまたはメール(jtaakm@gmail.com)にてお知らせください。

クイックコールLite … Android Marketでの掲載ページ

【参考書籍】
 Android Layout Cookbook アプリの価値を高める開発テクニック
 Android SDK逆引きハンドブック



クイックコールLite Ver 1.1.0

【クイックコールLiteの特徴】
 ・少ないクリック数(2クリック)で発信できる。
 ・片手(親指)で操作できる。
 ・大きなボタンで押し間違いがない。

【今回の改良点】
 ・電話番号の登録件数を4人分から20人分(4人分×5分類)に増やしました。
 ・分類名称も変更することができます。

画面1 画面4

Android Marketでの掲載ページ


クイックコールLite、すこし改良しました。

天気の良い日の屋外など、まわりがすごく明るいところで使用するとボタンと背景の区別がつかなかったので、背景色をクリーム色から青に変更してみました。
画面1

また、インストールされた方から強制終了してしまうという報告をいただいたので、エラー情報をメール送信する機能を追加しました。強制終了した場合、もう一度アプリを起動した際に以下のようなメール送信確認画面が表示されますので、お手間でなければエラー内容を送信していただけると不具合修正の手がかりとなり、大変助かります。(開発時の動作確認用としては、MEDIAS N-04Cを使用しております。)
ブログ用画面

Android Marketでの掲載ページ


プロフィール

JTAAKM

Author:JTAAKM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。